ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
スペースRデザイン
ここから本文です

こんにちは、茶山ゴコ管理スタッフの梶原です

4月に入り、あちこちの公園で桜が満開の時期を迎えておりますよー!今年は寒の戻りもあったりして桜が例年より長持ちらしく、まだしばらく楽しめそうですo^^o茶山ゴコの隣のお家はお庭をとてもキレイにしれおられるのですが、そこにはきりっとした桜の木が一本。こちらも満開を迎えていました。

昨年、茶山ゴコおこなった和ハーブのお話会の続編として、先日ハーバルボールを使ったお話会&プチワークショップを前回同様坂井かよみさんと一緒におこないました。

ハーブボールとは、タイマッサージなどと併用して使われており、布に乾燥ハーブや生ハーブをぎゅっと詰め込んで結わいたもので、マッサージの際はそれを蒸して、体にじっくり押し当てながら使います。

chayama_160311_007

chayama_160311_004

chayama_160311_006

まずは和ハーブのお話から。
西洋ハーブ、和ハーブ、そしてアジアンハーブとハーブはとても種類が多く、効能も様々。
また、和ハーブとしては「江戸時代以前からの有用植物」という定義があるそうですが、あげたらきりがないほど。
それほど、植物というのは生命力豊かで、昔から人間の暮らしに欠かせないものだったのでしょうね。

chayama_160311_002

chayama_160311_003

坂井さんは普段は産婦人科さんで妊婦さんの産後のケアでマッサージを施術されています。
そして、ご自身でもハーブを育てられたり、アジアへハーブを求めて旅に出られたりととてもアクティブ。
福岡の平尾でサロンも運営されているので、ご興味がある方は、坂井さんのWEBサイトをチェックしてみてくださいね!本当にいろいろなことをされいています^^
タイハーバル温活『ユーファイ』サロン・Yim(イム)

さてさて、お話を聞いた後は体験!
実際にタイ産のハーブボールを使って坂井さんに軽くマッサージをしていただきました。
じんわりと温かく、押し付ける強さや長さで温かさが変わるので、「マッサージをされている」というよりも自然と温かくなっている感じ。マッサージのときにほのかに漂うハーブの香りもとっても落ち着きます。まさに、日常使いのアイテムですね。

chayama_160311_008

そして、もってきて頂いたハーブボールを一度解体して、包みなおす体験もしました
もったいないですが、これも学ぶため!

chayama_160311_009

chayama_160311_010

簡単かと思いきや、結構難しいんです…。
ハーブが包むのにコツがいって、ボールの硬さとか持ち手をつくるなどといった理由もあるのでしょうが
やはり普段使いになるので、かわいらしい見た目と使いやすさも大事なようです^^

chayama_160311_011

ようやくハーブボールが元の姿にもどりました笑
タイの女性たちはこれをぱぱっとやってしまうのでしょうね

今回使ったのはタイ産のハーブボールなので中身はタイ産のハーブ
坂井さんは今度は和ハーブをつかった和ハーブボールをつくってみるそうです

和ハーブをきっかけに、異国の文化に触れた夜でした

梶原


お問い合わせ
Tel.092-720-2122
受付時間
9時〜18時
定休日
日・祝日