ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
スペースRデザイン
ここから本文です

暮らしの在り方を再考する実験住宅「一宇邨」(いちうそん)「共食・共育・共感」をテーマに、5人の人々が共に暮らしています。このお部屋はそのワンフロア。

外へ開かれた専用の扉と、共用部をつなぐ内階段があり、シェアハウスに暮らしたり、寝泊りをしながら、働く、創作、ミーティングなど、外部に開かれたワークスペースとして利用することができます。プロジェクト利用(期間限定)、2拠点生活&ワークスペースとしても利用できるので、ご相談ください!

元々は、「時代の変化に対応し続ける」「環境と住環境を両立させる」住まいとして、建てられた建築家の自宅。

時代に合わせた新しい家族の姿・豊かさが、日々の暮らしの中から生まれています。管理人が居住しながら、住人同士や福岡の人々とつなぎあわせ、関係性のある住まいとなっています。

 

  • 空き室待ちのお問い合わせはこちら
  • 物件資料ダウンロード
お部屋についてのお問い合わせはスペースRデザインへ
Tel. 092-720-2122
受付時間 9時〜18時/定休日 日・祝日

リーシングコメント

一宇邨(いちうそんと呼びます)は、建築家の元自宅を活用したシェアハウスです。


im

※シェアハウス共用部分

楕円型の吹き抜けなど建築的な意匠もさることながら、光や風、景観など、自然環境を上手に取り入れながら、快適に生活ができる建物となっています。
コンクリートや木の質感が強く感じられ、薪ストーブ、大型スピーカーなど、豊かな暮らしを実現する設備もあります。

12

元々は建築家が自宅兼事務所として使用した建物で、このお部屋GF-SOHOはその事務所部分です。

共用部に忽然と現れる階段をおりていくと、、、

IMG_4185

オリジナルの階段で、部屋に到着。

IMG_4217

部屋を事務所だったこともあり、シンプルなワンルームです。
この階には、1室しかないため、ワンフロアを専有することができます。
様々な建築的な工夫もなされているのですが、それが現地を見学した時にでも、、。


img-1
※置いてある荷物は撤去します

奥にある本棚はそのまま利用していただくことができますし、パーテーションで仕切れば住みながら、ワークスペースをしっかりとつくることができます。

planimage

キッチン、お風呂、トイレなど生活空間は、シェア部分にあるため、ワンルームを最大限に使うことができます。
さらに大きな特徴として、専用入口と土間スペースがあります。

IMG_4242

この入口があるので、シェアハウスの住人に気兼ねなく、打合せや、スタッフの方も訪れることができます。
ここのでしっかりと腰を据えながら生活ももちろんですが、地方や東京との2拠点居住&ワークスペースとしての利用にもぴったりです。
前面は駐車場となっており、車をとめることもできます。

様々な要素が重なって、その分自由な発想で使うことができるこの1室。
まずは、是非ご見学にいらしてください。

リーシングチーム 牛島 光

デザイナーコメント

始まりはE-7 Project

元々は建築家 中村享一氏の自宅として建てられた建物。
「構造・機能ともに50年+αもたせる」というコンセプトでつくられました。
構造として環境への負荷をできる限り考えた素材を使い、また容易に間取りや設備の変更ができるパーツを使うことで、常に新陳代謝ができる建物を実現しています。そして、2010年代に求められるライフスタイルとして、シェアハウスの形態へと移行しています。

E-7 Projectのプロジェクト概要は中村享一さんのwebページで公開されています。

暮らしをさらに豊かにする実験住宅

建設された当時(1994年)、建築は消費型・垂れ流し・省コスト優先で再生産・再利用は非近代的なものとされていたそうです。しかし21世紀を迎 えるにあたり、課題である環境問題や資源・エネルギー問題を解決を求められる中で、建築は再生産・再利用の循環系の中で考えるべきとさまざまな実験を行う ことを目的として建てられたそうです。

構造体であるコンクリートには木炭を混ぜて調湿と強度保持、間伐材を利用して環境保護、漆喰や桐材を利用することで快適な環境に、さらにアルミ材な どリサイクル可能なものを使うなど、建材一つ一つにも徹底したこだわりが。また、暮らしの変化に柔軟に対応できるように、間仕切り位置の変更を簡単にでき るような工夫がされています。

そして21世紀を迎え、これまでの社会構造によって分断してしまった人と人とのつながり、絆やコミュニティーのあり方を再構築していかなくてはならない今。中村さんはこの実験住宅で新たな試みをスタートしました。それはシェアハウス。呼び名は「一宇邨」。

これからも終わることなくさまざまな実験が繰り返さるであろう一宇邨。私たちの暮らしをさらに豊かにしてくれる気がしてなりません。

スペースRデザイン デザイナー:北嵜 剛司

この部屋の間取り図

部屋の間取り図

この部屋の建物の地図

大きな地図で見る

家賃 *****円
共益費 水道電気代*****円
敷金
広さ 27.82㎡
間取り 1R
取引態様 専任媒介
契約形態 定期借家契約
現況 入居中 ≫ 空室待ち申し込み
建物住所 福岡市中央区谷2-9-1
交通 地下鉄六本松駅 徒歩10分
築年 平成6年6月
デザイナー
リノベーション完成年月
備考 ※SOHO、事務所、アトリエ利用可能 □共有設備:リビング・キッチン・ダイニング・トイレ・浴室・洗面室・TV・乾燥機付洗濯機・電子レンジ・オーブントースター・食器・冷蔵庫・調理道具・炊飯器 シーアイゼット家賃保証、火災保険(入居期間中必須)
更新日 2016年12月10日
次回更新予定日

建物"一宇邨"のマガジン記事

お問い合わせ
Tel.092-720-2122
受付時間
9時〜18時
定休日
日・祝日