ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
スペースRデザイン
ここから本文です

前回80%完成の工事報告をしておりましたイエローベース天神ですが、この度ついに完成いたしました!

建物のテーマは「都市の隙間にたたずむ秘密基地」。

今回はそのテーマを基に工事をしたフロアに「Contena」(コンテナ)という名称をつけています。
港が近く、フロアごとに異なるデザインの箱を差し込む、という意味を併せもち、内装にはそのコンテナという名称からくる工業的なイメージをアクセントとして入れつつ、一方で雑多なイメージを払拭し、オフィスやテナントにとって心地よく、面白味のある空間を目指しました。

と、いうことで前回の報告とはまた大きく変わった完成後の様子をダイジェストでお伝えします!

それはでは、どうぞっ!


6F共用部。コンテナをイメージしたガルバリウム鋼板のアクセント。


6Fの共有給湯スペース。コンテナ内壁に使われる下地材を仕上げ材として選択。


601号室


602号室


603号室

6階は「オフィスフロア」として大きな1フロアを3つの区画に分けました。
3つに分かれた専有部はまったく異なった光の入り方が特徴だったため、シンプルに仕上げてその特徴を強調しています。
反対に、共用部の廊下にはコンテナの内部のような空間をデザインし、アクセントカラーを設けたことで、専有部と共用部の空間に差を出し仕事のON・OFFを切り替えられるような場所に仕上げました。


5F共用部。こちらもガルバリウムを壁に施工し、もともとあった電照看板は残してアクセントに。この発光面にテナントサインが取り付けられる予定。


501号室


502号室

5階は「テナントフロア」としてギャラリーや店舗に最適な空間へとリノベ-ト。
2つの専有部は、既存から異なる空気感や特徴があったため、解体して出てきた建物の素地を強調させるようにデザインしました。

建物のファサード。
既存の外壁を剥がした下からでてきた竣工当時のタイルを残し、その上から黄色で塗装しました。
イエローのアクリル板でサインを取り付けアクセントに。
外壁を解体した結果、欠損した床タイル面には玉砂利を敷いています。

いかがでしたでしょうか?

来訪者は、目的地がここで合っているか不安に思いながらも建物の中へ。
そして、エレベーターでワープするように各フロアに到着。
そこに広がるのは、時代の空気感を反映しデザインされた特別な空間(Contena)。

オフィス区画は、グローバルな発想と視点をもつベンチャー企業や社会的起業家の拠点として。
店舗区画では、店主がセレクトしたこだわりの商品が並び、お客さんはそのお店だけを目指し訪れる。

建物内の活動的なエネルギーとは対照的に、外観はひっそりと。
知っている人だけが知っている・・・そんな秘密基地が完成しました。

募集区画も残りわずか。
興味のある方は是非見に来てくださいね。

イエローベース天神建物ページ:https://www.space-r.net/rent/yellowbase


お問い合わせ
Tel.092-720-2122
受付時間
9時~18時
定休日
日・祝日