ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
スペースRデザイン
ここから本文です

 

マイナスのデザイン。
住まい手の想像力を解き放つ、自由な間取りの魅力。

自分らしさの受け皿となる、優しいコンセプト。

  • 空き室待ちのお問い合わせはこちら
  • 物件資料ダウンロード
お部屋についてのお問い合わせはスペースRデザインへ
Tel. 092-720-2122
受付時間 9時〜18時/定休日 日・祝日

リーシングコメント

「価値観の転換」

詳しくはデザイナーコメントにゆずりますが、この部屋の見どころは価値観の転換。意匠的なものを積み重ねて部屋を形づくっていくのではなく、あえて空白に近い箱を用意することで、住まい手が想像力を最大限に発揮できる部屋づくりがなされています。

価値観の転換

その象徴が0-LDKという考え方なのです。

ただ、それは“デザイン”を放棄したということではありません。その基準を作った上で新たに通した梁や自然素材にこだわった無垢フローリング、部屋を照らす間接照明など、住まい手の価値観を柔らかに包み込むような部屋づくりがなされています。インテリアを限定せず、更に考えを広げてくれるはずです。

バルコニー

広めに取られたエントランス(玄関)は扉で遮ることができるのも、良いポイント。キッチン水回りなど、機能的に十分なリノベーションがなされています。また、大き目の収納や広々としたバルコニーなど、建物のポテンシャルが更に自由度を与えてくれます。

エントランス

「部屋に合わせる」でもなく、「暮らしにあう部屋」でもなく、部屋との相乗効果で新しい暮らしが形づくられてく。BEAMSは、あなただけの価値観を待っています。

スペースRデザイン リーシングチーム:牛島 光

入居者さんコメント

以前の入居者さんにプチインタビューを行いました。

「住んでみて感じたのは?」

・部屋がない自由度。
・水回りが想像以上にしっかりしていた。
・インテリアのレイアウトで部屋づくりを行った。

「特徴的なバルコニーはどんな風に使っていましたか?」

・収納的な使い方になっていた。

「どんな人に薦めたいですか?」

・普通の考え方だと足りなく感じるかもしれない。空間だけを求めている方に薦めたい。

デザイナーコメント

「BEAMS」  

※201号、206号、403号、703号は共通のコンセプトで造られています。

1977年完成の賃貸マンションを、
28年後の2005年に再生させるプロジェクト。

福岡は生活を楽しめる街。しかし、はたして文化都市福岡にふさわしい居住空間はあるでしょうか?住むことを楽しめる部屋とは一体どういった部屋でしょうか?

マイナスのデザイン → 2DKからワンルームへ

この部屋は、2DKからワンルームへ変更しました。リフォーム時代には考えられませんでしたが、住民の方々のご要望が多様化したリノベーション時代 をむかえ、「プラスのデザイン」つまり付け足すことによる価値アップばかりではなく、「マイナスのデザイン」つまり間仕切りをなくすことで価値がアップす ることも多々あります。間仕切りをなくした大きな空間により、住民の方々のルームレイアウトが自由になるわけです。

「自分の好きな家具で、自分の好きなレイアウトをし、自分らしい暮らしをしたい・・・」、その場合ある程度の広い空間が必要です。部屋数の多さを目 的としたマンションでは、なかなかそれが実現できませんでした。今回のリノベーションでは部屋数を減らし、つまり、マイナスのデザインをおこない、大きな 空間をつくり、賃貸マンションでも自由なルームレイアウトをしたい住民の方々のご要望にお答えしています。

基本的機能+個性的デザイン

新高砂マンションでは、賃貸マンションとして基本的機能を必ず設置したうえで、各設計者の個性的デザインをしていくという2段階のリノベーションデザインをしています。

”新築”ならば充実した住居空間となるのでしょうか?

建物全体が醸し出す雰囲気と、新たにリノベーションされた、個性的なデザインのシナジー(相乗)効果により、楽しい住環境を作り出すことが、今回の プロジェクトの目的の一つです。今回のリノベーションでは、文化都市福岡の街で、楽しく充実したアーバンライフを満喫するにふさわしい居住空間の創造をめ ざして、様々なアイデアを盛り込んでいます。

居住空間のリノベーションは、日々の生活に密接な生活圏を含めた街のリノベーションへと繋がっていきます。街を含めた生活全体を楽しむことがリノベーションなのです。

設計:信濃設計研究所
信濃設計事務所 作品紹介ページより引用)

この部屋の間取り図

部屋の間取り図

この部屋の建物の地図

大きな地図で見る

家賃 *****円
共益費 ****円
敷金 2ヶ月
礼金
広さ 45㎡
間取り 1DK
取引態様 専任媒介
契約形態 定期借家契約(2年 再契約可)
現況 入居中 ≫ 空室待ち申し込み
建物住所 福岡市中央区清川2-4-29
交通 西鉄バス 高砂2丁目停(渡辺通り) 徒歩2分 地下鉄渡辺通駅 徒歩5分
築年 昭和52年(1977年)
デザイナー 2005年 信濃設計研究所
リノベーション完成年月 2005年
備考 ※SOHO相談可
家賃保証契約必須、住宅総合保険必須
更新日 2016年08月31日
次回更新予定日

建物"新高砂マンション"のマガジン記事

お問い合わせ
Tel.092-720-2122
受付時間
9時〜18時
定休日
日・祝日