ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
スペースRデザイン
ここから本文です

各部ご紹介(写真はクリックすると拡大してご覧いただけます)

 

ichiuson_room01
アプローチ
一宇邨は戸建て住宅が立ち並ぶ坂の途中に建っています。図面(下に記載)では2階建てですが実はもう1つ下に半地下の部屋があり、もとはオーナーさんが事務所として使われていました。
一宇邨がある谷・六本松周辺は起伏のある地形が特徴。緑が多く高い建物も少ないため上に登れば景色は抜群。周辺には古民家を利用した個人店舗もあります。
周辺情報

 

ichiuson_room02
玄関
玄関扉の仕上げは木材。使いこまれた風合いからは温かみが感じられ、築20年の歩みを物語っています。コンクリートの印象が強い外観のイメージから打って変わって内部はコンクリートと木材のハイブリット。玄関扉はそんな一宇邨のつくりの特徴が表れています。
この扉、開き方がちょっとおもしろいのですが、それは実際に行ってみてからのお楽しみ

 

ichiuson_room03
リビング
一つ屋根の下に住まうものにとって、リビングはみんなが集まる中心的な存在。建物の真ん中に作られた楕円形のリビングはそれを象徴しています。
上は開放感のある吹き抜けになっています
広いリビングは住人にとってくつろぎの場であると共に、知り合いを招いてのパーティーや映画鑑賞会の場所としても使われています
ブログ:『上映会イベント「一宇邨シネマ」を開催しました』

 

ichiuson_room04
ダイニング
ダイニングは外の景色が見えるように大きく開口が取られ、窓を開けると気持ちの良い風が吹き込みます。窓際に座ると、部屋に入るほどに大きく育った敷地内の緑や地面から少し距離があることも相まってとても心地よく、例えるならば山の中の別荘のような感じ。
「たまにはみんな揃ってご飯を」ということで、一宇邨では「コモンミール」なる持ち寄りのご飯会を住人みんなが集まれる日に行っています
ブログ:『秋のごはん会第1弾&第2弾』

 

ichiuson_room05
キッチン
キッチンはダイニングと外の景色が見える向きにつくられた対面式。コンロは4つ口、冷蔵庫はなんと3台、食器やキッチン用品も充実していてしっかり自炊ができる環境が整っています。
1人の時は景色を見ながら、誰かと一緒のときはおしゃべりをしながら、というふうに食事の時間を楽しみたくなるキッチンです。

 

ichiuson_room06
お風呂
お風呂の壁にはヒノキが使われており、湯船もゆったりと肩まで浸かれるサイズ。「1日のなかでお風呂で過ごす時間も大切なひと時」そんな些細なことを共感しあえることも、住人の間では大切なことです

 

ichiuson_room07
洗濯・洗面
洗濯・洗面所はお風呂の脱衣所に1箇所、そしてシャワールーム、これは後から増築されたのですが、そこに1箇所の合計2箇所。そして洗濯機1台には忙しい人には嬉しい乾燥機能付き。
働く人の生活を支えるために、一宇邨では必要な改変は積極的に取り入れられています。

 

ichiuson_room08
階段
2階にあがる階段には光が差込む大きなガラス窓。
この窓のように、一宇邨の開口部は大きく取られています。そしてそれらの光が共用に集まるため、日中室内は照明が要らないほど明るいのです。このガラス窓からは毎年夏に大濠公園で開催される花火大会の花火が見えるのですが、少し幅が広めのこの階段は鑑賞の場所にもなっています
ブログ:『みんなで花火を楽しみました』

 

ichiuson_room09
共用廊下と吹き抜け
2階に各個人の部屋があります
リビングの上の吹き抜け空間を囲むように、楕円形の共用廊下がそれらを繋ぎます。一宇邨はこの空間を介して2階と1階が繋がっていてお互いの気配を感じやすいつくりになっています。一宇邨はもともと設計者ご自身の住宅として建てられているのですが、この吹き抜けの空間が、個人住宅でもシェアでも一つ屋根の下で住むために大事なことを教えてくれている気がします。

 

ichiuson_room10
個室
個室は全て角部屋の2面採光で、窓面も大きく作られています。周辺の樹木や空などの要素を建物内でも感じることができます。

共通事項
インターネット(無線LAN)、エアコン、ブラインド、照明、収納

※備え付けの家具の有無や広さは部屋ごとに異なります。詳しくは各お部屋の詳細ページをご覧ください

 


管理体制

オーナー様と管理スタッフがそれぞれ月に2回程訪問します。
一宇邨の管理方針は「ルールを決めない」こと。使ったら戻す、きれいに使うなど、共同生活するうえで当たり前の決め事はもちろんありますが、管理側でこうしてください、という細かい担当割りなどはおこないません。ゴミ捨てや掃除当番など必要なことは住人の話し合いで決めるスタイルをとっています。その中で、住人さんから出た意見は積極的に検討していきます。最近では、玄関照明の自動化、乾燥機の増設やバイクハンガーの設置など。気になる部分は、ご遠慮なく管理スタッフまで。


一宇邨建物概要

E7plan-02

E7plan-01

※間取りはクリックすると拡大してご覧いただけます

共用の部屋と設備

お部屋
  • リビング
  • キッチン
  • ダイニング
  • 浴室
  • 洗面室
  • シャワールーム
  • トイレ(1階と2階)
設備
  • テレビ(録画機能付き)
  • 大型スピーカー
  • 乾燥機付き洗濯機
  • 電子レンジ
  • オーブントースター
  • 食器
  • 冷蔵庫(3台)
  • 調理道具
  • 炊飯器
  • 薪ストーブ
  • くつ箱

一宇邨についてのお問い合わせ

一宇邨のお部屋やイベントについてのお問い合わせは

株式会社スペースRデザイン
Tel.092-720-2122
受付時間: 9:00~18:00(日祝を除く)
Fax. 092-720-2123
Email: yj@tenjinpark.com
お問い合わせ
Tel.092-720-2122
受付時間
9時〜18時
定休日
日・祝日