ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
スペースRデザイン
ここから本文です

コンセプト「“Hello New VINTAGE” 80′s Renovation」

テーマ  「Just Feeling」

バブル期に建てられたビルも老朽ビルへとイメージが移行していくなか、「80’sビンテージ」という賃貸の住まいとして新しい価値をつくる試みを行ったお部屋です。

蝶和ビル206号室「Just Feeling」のコンセプトとテーマについてはこちらをご覧ください。

※このお部屋は、9月末退去予定です。
ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

  • 入居者募集中 お部屋の見学申込やお問い合わせはこちら
  • 物件資料ダウンロード
お部屋についてのお問い合わせはスペースRデザインへ
Tel. 092-720-2122
受付時間 9時〜18時/定休日 日・祝日

リーシングコメント

元々2部屋だった居室を一つに繋いでいるためリビングはゆったり。

リビングの中央部分には、カーテンレールを設置しています。
カーテンなので開閉も簡単。
用途に合わせ空間を分けてもいいですし、一つの広い空間としてもご使用いただけます。

 

この部屋は、元々、日差しが入りにくいので、床は無理に明るくするのではなく、あえて落ち着いた色を選択。既存の天井と、躯体現しの壁との相性も良くいい雰囲気に仕上がっています。

収納も大容量でバルコニーが広いのもポイントです。

 

都心部でありながら古きよき下町情緒が残るこのまち。
福岡で最も長い歴史を持つ喫茶店「ブラジレイロ」や昔ながらの懐かしいぜんざいを出してくれる「中洲ぜんざい」、すき焼きで有名な老舗「ちんや」などなど名店がずら~り。

そして、アジアの近現代アートを収集展示する「福岡アジア美術館」や歌舞伎やミュージカルが頻繁に行われる「博多座」。さらに博多の総鎮守、博多祇園山笠で有名な「櫛田神社」や博多の町屋を復元し伝統文化をわかりやすく紹介してくれる「博多町屋ふるさと館」や「博多伝統工芸館」。人魚伝説で有名な「龍宮寺」などなど・・・アートや博多文化をすぐそばで触れられるというなんとも贅沢な環境です。

博多や天神へのアクセスも良好ですし、事務所としての利用もいいかもしれませんね。

デザイナーコメント

R100プロジェクト第5弾

【デザイナーインタビュー】
※デザイナー自らが質問し回答するというシュールさと、想いが伝わるインタビューです

 

【ブログ一覧】
※このお部屋ができる過程を知ることができます

この部屋の間取り図

部屋の間取り図

この部屋の建物の地図

大きな地図で見る

家賃 70,000円
共益費 2,000円
敷金
礼金 2ヶ月
広さ 44.1㎡
間取り 1DK
取引態様 専任媒介
契約形態 普通借家契約
現況 募集中 ≫ お部屋見学申し込み
建物住所 福岡市博多区店屋町4-8
交通 地下鉄空港線線「中洲川端」駅 徒歩4分 西鉄バス「土居町」停 徒歩3分
築年 平成元年(1989年)
デザイナー 北嵜 剛司
リノベーション完成年月 2012年9月
備考 設備:モニターホン、サービス設置品:エアコン
住宅総合保険(指定)
更新日 2018年09月10日
次回更新予定日 2018年09月24日

建物"蝶和ビル"のマガジン記事

お問い合わせ
Tel.092-720-2122
受付時間
9時〜18時
定休日
日・祝日