ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
スペースRデザイン
ここから本文です

『床と仕掛け』

深い色です。

賃貸物件では、なかなかお目にかかれない無垢フーロリング。触れて気持ちいい、見ると落ち着くというのは、やっぱり本物(無垢)だから。

このお部屋、木の素材を多く使用し、統一感があるので室内に入ると包まれるような心地よさがあります。そして、写真では伝えきれない心くすぐる仕掛けがいっぱい。

開けるのが楽しくなるカーテン、サンルームに早変わりするアイテム、意外な場所の収納などなど・・・ここなら、楽しく快適に生活できそう。そう思えるお部屋です。

  • 空き室待ちのお問い合わせはこちら
  • 物件資料ダウンロード
お部屋についてのお問い合わせはスペースRデザインへ
Tel. 092-720-2122
受付時間 9時〜18時/定休日 日・祝日

お部屋のポイント

募集後すぐに入居者さんが決まったこの物件。今回の募集は、なんと4年ぶり!

当社では、退去立会いの際に入居者さんから建物、お部屋についての感想、改善点などをお聞きしています。今回ご家庭の事情で退去された元入居者さん。
こちらが驚くほど、お部屋と建物を絶賛されていました。そして、「また戻ってきたい。」というありがたいお言葉まで。。嬉しいかぎりです。

新しい入居者さんにも、ぜひこのお部屋を満喫していただければと思います。

このお部屋の間取りは、ほぼ正方形。

家具や照明をレイアウトしやすく、人が動きやすいのが特長です。

一般的に多い、縦長の長方形の間取りと比べてみてください。使いやすいですよ。この間取り。

リーシングコメント

「また戻ってきたい」元入居者さんとのお話

今回のお部屋紹介は元入居者さんのお話と共にご紹介します。

ご家庭の事情でご退去された元入居者さん。この部屋に入居する前は、引越し魔だったそうですが、山王マンションご入居後は引っ越す気が起こらなかったとのこと。何がよかったのか?お聞きしました。

  • サンルームに早変わりする仕掛け。
    ※部屋で実践して頂きました。
  • シャワーの位置を固定することができる。
    ※浴室にて実演して頂きました。
  • 周辺が静かで、便利がいい。
    ※入居前は不便かな?と思われていたそうです。
    ※最寄りのバス停(山王一丁目)まで徒歩約4分でして、博多駅行きは、約5分~10分に1本の間隔ででています。
  • 床(無垢フローリング)の感触がいい。
    ※2人で床をすりすり。
  • などなど・・・これ以上は掲載しきれません。
    そして、何より部屋の雰囲気が好きっ!!とのことでした。
    ※ココ重要ですよね!

話に熱が入り、退去立合いなのに2人で盛り上がりました。そして、「また戻ってきたい。」というありがたいお言葉まで。入居前も当然ですが、私達管理会社が大切にしているのは入居後に、どれだけ入居者さんに満足して頂けるかなので、このお話をうかがった時はホントにうれしかったです。

ぜひ現地で体感していただきたい「間取り」

そして、もう1点このお部屋の特徴としましては「間取り」です。たいていの物件は、玄関を開けるとドーンと縦長に部屋が広がっていることが多いのですが、このお部屋、横に広がっています。

縦長の間取りと何が違うのかと言いますと、家具などをレイアウトしやすく、そのレイアウトを変えるだけで部屋の雰囲気を変えることができます。
また、家具を置いても人が動く際に邪魔にならない。現在、縦長物件にお住まいの方は、移動する際ローテーブルをよけたり、足をひっかけるなんて経験された方もいらっしゃるかもしれませんが、この部屋ならそんなこともなくなるかもしれませんよ。

こういう間取りのおおらかな感じも古い物件の良さかもしれませんね。ちなみに、トイレや浴室などの設備は更新しています。

ぜひ、実際にお部屋を見学して体感してみてください。

スペースRデザイン リーシングチーム:小林 哲

デザイナーコメント

「何だこれは?」写真を見て多くの方が感じたであろうこと

2004年、建築家・信濃康博氏(信濃建築研究所所長)によってリノベーションされた一室。リノベマニアの方にとっては、この一文でハートを射抜かれますよね。
しかし、写真を見て多くの方が感じたであろう事は「何だこれは?」ではないでしょうか。

山王マンションは1965年に建設され、当時は最先端の生活を送ることができる賃貸マンションでした。この時代は高速道路や新幹線がぞくぞくと開通し、1964年に東京オリンピック、1970年に万博が開催されています。

明るい未来のために日本全体が同じ光を目指して考え抜かれた、均一的な間取り・標準仕様の部屋。しかし、それもいつしか飽きられていきました。

さて、この山王マンション502号室のリノベーションですが

古木の柱と梁
古木の柱と梁

古材の欄間
古材の欄間

格子引戸
格子引戸

格子開戸
格子開戸

行灯のような地袋
行灯のような地袋

和紙風のプリーツスクリーン
和紙風のプリーツスクリーン

竹製の手摺
竹製の手摺

ポツ窓
ポツ窓

和の要素を加えることで、個性のある空間を実現しました。古木を使うことで、時間を意識した空間を実現しました。ここで過ごすことを想像させる、物語性のある空間を実現しました。

つまり、この部屋では個性・時間・物語がリノベーションの回答として用意されました。

「個性・時間・物語」を体感する

同時期に氏によってデザインされた402号室、603号室では新しい物が足され近未来的なイメージの空間が完成していますが、やはりここでも個性・時間・物語が意識されています。そして、部屋は全て異なる個性的なデザインになっています。

山王マンション402号室
山王マンション402号室

山王マンション603号室
山王マンション603号室

脱均一化・脱標準化、すべてが異なるデザインという発想が福岡賃貸リノベーションの黎明期に生まれ、現在もその意志が引き継がれているのです。

これらの部屋から3年後の2007年、山王Rプロジェクトでは407号室が氏によって生まれ変わりました。和の要素、曲線、間接照明、地袋、ポツ窓と502号室の要素が引き継がれています。

山王マンション407号室
山王マンション407号室

さらに5年後の2012年、続・山王Rでは305号室を手掛けられこれまでのリノベーションの集大成とも言える空間を実現されています。

山王マンション305号室
山王マンション305号室

部屋によって表現は異なりますが、建築家・信濃康博氏のリノベーションは「個性・時間・物語」を体感することができます。

山王マンション502号室は賃貸リノべーション黎明期の名作として、今後も色あせることなく住み継がれていくことを楽しみにしています。

スペースRデザイン 再生デザイナー:森岡 陽介

この部屋の間取り図

部屋の間取り図

この部屋の建物の地図

大きな地図で見る

家賃 *****円
敷金 2ヶ月
広さ 38㎡
間取り 1DK
取引態様 専任媒介
契約形態 定期借家契約2年(再契約可)
現況 入居中 ≫ 空室待ち申し込み
建物住所 福岡市博多区博多駅南4-19-5
交通 西鉄バス 扇町バス停 徒歩1分
西鉄バス 山王1丁目バス停 徒歩3分
築年 昭和42年(1967年)
デザイナー 信濃設計研究所
リノベーション完成年月 2008年
備考 住宅総合保険:加入義務あり
家賃保証契約
更新日 2016年08月31日
次回更新予定日

建物"山王マンション"のマガジン記事

お問い合わせ
Tel.092-720-2122
受付時間
9時~18時
定休日
日・祝日