ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
スペースRデザイン
ここから本文です
アイコン表示
入居者さんコメント
デザイナーコメント
オーナーコメント
360°パノラマ映像あり

天神・大名地区の変化・発展と歴史が重なる「杉の宮マンション」

杉の宮マンション外観「杉の宮マンション」は、九州を代表する商業地「天神」の西隣「大名」に所在しています。 「大名」にはブランドショップ、セレクトショップをはじめ多くの服飾店、飲食店、美容室などの店舗が軒を連ねています。休日ともなると市外、県外からファッションや食を求め、多くのひとで賑わう活気のあるエリアです。「2012年春に「フォーエバー21」「H&M」がオープンしたことは記憶に新しいところ。「大名」は今後も事業用ビルの建設や新規の出店により変化・発展が見込まれる町と考えられます。

「杉の宮マンション」は1980年(昭和55年)3月に完成。1階をテナントフロア、2階から7階を住居フロアとするマンションです。

1階には、診療内科「飯田クリニック」、こだわりのデザイナーズ家具、小物等を取り扱う「BY TRICO(バイトリコ)」、隠れ家的Bar「「Bar Note's(バーノーツ)」が入居しています。全く違う業態のテナントが集まっているところがユニークに感じられます。

住居フロアは、2DK・2LDKの間取りの部屋で構成され、単身の方から3名様位のご家族がお住まい中。

ここでの暮らしには、都心部に住むことで得られる交通・ショッピングの利便性のみを求めるのではなく、「けやき通り」「大濠公園」「舞鶴公園」といった緑のある場所がほど近くにあることで、都心部と緑地とのバランスが取れる立地の良さ・豊かさがあるように思います。

歴史・伝説

江戸時代の頃、「杉の宮マンション」周辺は、「雁林ノ町(がんりんのちょう)」「養巴ノ町(ようはのちょう」)と呼ばれていました。福岡城まで西へ約800mと近い位置にあった地理的な関係上、福岡城に仕える位の高い武士や医師(御殿医)など黒田藩の要職にある人が住んでいたと記録されており、「雁林ノ町」は鶴原雁林という内科医が住んでいたことから名付けられ、「養巴ノ町」は鷹取養巴という外科医が住んでいたことから名付けらていました。当時、医師(御殿医)がいかに重要な立場にあり、影響力があったのか知ることができます。

著名な医師であった鶴原雁林と鷹取養巴にはそれぞれに興味深い伝説が残されています。(以下URLは、福岡市のサイトへ飛びます。)

現在、「杉の宮マンション」前の通りは昔の地名を由来とした「雁林町通り(がんりんのちょうどおり)」呼ばれています。


オーナーさまとの談話

「杉の宮マンション」が建つ前に何があったのか質問してみたところ、「杉の宮マンション」が建つ前は、この場所に病院兼ご自宅と他に借家が3棟建て られていたそうです。その当時、大名は一戸建てが建ち並ぶ住宅地で、ご自宅と借家の間にある通路が子どもの遊び場であり、毎日のように近所の子どもが集ま り、遊んでいたとのこと。

昭和19年、大名での集合写真
※写真は、昭和19年当時の大名で撮影されたもの。平屋の戸建、木の電信柱、舗装されていない道が印象的。

オーナーさまの飼われていたブースカ 昔ブースカが座っていたところ
※通路にはオーナーさまが飼っていた犬「ブースカ」が映っています。そのブースカが座っていたところは現在、杉の宮マンションのエントランス前です。

今では、戸建は数えるほどしかなく、店舗・事務所といった事業用ビルとマンションが多く建つ地区となっていますので想像し難いですね。

病院兼ご自宅があったのは、オーナー様の家系は福岡城のあった頃に御殿医として黒田藩に仕え、その当時からお祖父様の代まで代々お医者様をなさって いたとのこと。福岡の歴史とオーナーさまの家系がぴったりと合い、深くつながっている建物だとしみじみ感じました。新築時から、1階に「飯田クリニック」 が入居しているのは、オーナー様の家系が御殿医であったことに関係するようです。

「杉の宮マンション」の新築当時の様子をお聞きしたところ、「杉の宮マンション」は公庫から融資を受け建てられた建物(公庫物件)で、建築時の融資 条件の中に、建物内に子どもの遊べる場所が必要であったため、新築当初からつい最近まで、6階の共用のルーフバルコニーに、遊具を備え、子どもが遊べる場 所が建物内にあるマンションだったとのこと。

遊戯場 遊戯場
※写真は遊具があった当時のもの(現在は安全性確保のため、閉鎖)

私たちもいろんな建物に関わらせていただきましたが、建物内に遊具が設置されていた建物に出会ったのは初めての経験となりました。いつか「杉の宮マ ンション」で幼少期を過ごしたという人に出会う日が訪れた時に、その人から子ども目線で「杉の宮マンション」をどう思い、過ごしていたのか聞いてみたいと ころです。

外から見る踊り場と廊下 エントランス 杉の宮マンション内側から 共用廊下から見た大名の眺め 丸い電灯がかわいい共用廊下 階段室 エントランスそばのタイル 1階にはオシャレな雑貨屋さん「by trico」 天神側(東側)より見た杉の宮マンション外観 大名の老舗のパン屋さん「ボンジュール」 杉の宮マンション内側からは木々が見えます 駐車場の街灯とリズミカルな形のベランダ 道路から見たそびえ立つ杉の宮マンション 隣の通りの中央区役所
お問い合わせ
Tel.092-720-2122
受付時間
9時〜18時
定休日
日・祝日