ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
スペースRデザイン
ここから本文です

みんなででかけたことないね!と思い立ったら、なんと休みの予定があって、すぐにでかけたプチ旅行。
福岡市内からもほど近い、八女、浮羽に1泊2日で行ってきた思い出を振り返ります。

肩肘はらず、楽しい時間を過ごせて、またそれぞれの知り合いや関心があるところを訪ねていくと、それだけで大ボリューム。
シェアハウスで共有しているのは、暮らしだけでなく、その人からの広がりなんだと、実感しました。

KIMG1948
久留米のうなぎ屋さん。柳川だけでなく、久留米も実は有名なんです。

KIMG1953


KIMG1959

KIMG1970

KIMG1972
うなぎの後は、八女福島へ。町屋や古民家、古い市場を活かしたお店がいっぱいなんです。
有名な「うなぎの寝床」さんをはじめ、ぐるりと見て回り、活用を推進するNPOを運営する友人から活動の紹介も聞くことができました。

KIMG1980

KIMG1993 
晩御飯は八女市黒木町へ。息子さんのつくる上品な懐石と、おばちゃんのつくる田舎ご飯が美味しい「黒木たかっぽ」。
ご飯が美味しいのはもちろんですが、話が面白い!やっぱり名物おばちゃんでした!
ご飯の後は、星野村の温泉へ。満点の星空を見ながらの温泉は言うことなしです。(写真は撮り損ねました~)

KIMG2002

KIMG2007
KIMG2020
翌日は星野源太窯から。
一度は途絶えかけた、星野焼を源太さんが復興させて開いた窯元です。
源太さんにも話を聞くことができました。教えてくれる人はおらず、残った現物と集落に残る伝承を探り、
そして、星野村の土を焼き続けることで、当時の焼物を復活させたという強烈なエピソードでした。
そんな大変なことをしているのに、写真撮影するときにお気に入りのニット帽を取りに行かれるなど、源太さんはとってもチャーミング。
一宇邨の器が少し増えました。

KIMG2026

KIMG2032

KIMG2034
旅の最後は、浮羽のイビサスモークレストランで、。この日、開催されていたイビサ祭!
自然との共生を大切にするレストランで、賑わいながらもゆったりとした時間が流れていました。

以上で、旅の記録はおしまい。
実は、この旅の裏テーマはペーパードライバー二人の運転練習。
そちらの感想は、、、あまり思い出したくありません笑


お問い合わせ
Tel.092-720-2122
受付時間
9時〜18時
定休日
日・祝日