ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
スペースRデザイン
ここから本文です

今年の夏ももうすぐ終わり。
ナチュラリスト目指して寝るときのエアコンはOFFの本田です。

昨年の夏より始まったプロジェクト。
「新高砂マンション505~偶然工務店(仮)」
これまでDIYワークショップにインターンシップにと多くの方に関わって頂きながら、
入居者の本田と、大牟田の村田仁師匠とで現場を進めてきました。

完成図のない終わらない現場。
そこに多くの偶然が重なり、唯一無二の空間となりました。
解体開始から1年が経過した8月、さてそろそろ住むか!
ということで、いよいよ引っ越しました。

引越し直前の写真がこちら。

ワークショップで塗った左官に、トリプルヘリンボーン張りの床(建材屋さんの倉庫に
眠っていたため樹種は不明)、既存の痕跡が各所に残っています。建具は解体現場等から
譲ってもらったもので、築40年の新高砂マンションより古いんだとか。

キッチンスペースで目を引く長いカウンター。こちらはインターンシップで九産大の学生
さんに積んでもらいました。そこに鉄板カウンターをドーンと乗せています。玄関入って
すぐのスロープ。こちらは早良区の閉業されてしまわれた雑貨屋さんから譲ってもらった
ものです(村田さん施工のお店)

奥に見える壁のタイルは岐阜の陶磁器タイルで、表面の仕上げが面白い。ざらついた仕上
げで、人が選ばないものにしよう!と決めた経緯があります。こちらも学生さんと施工。
そして、一番この部屋のコンセプトや考え方を表していると感じるのが左手に見える鉄管。
壁解体した際に露出した電気配管ですが、樹脂製が普及しているなかで出会った経年鉄管
に萌え萌え♡そのまま使うこととしました。

このようにパーツの一つ一つにもストーリーが詰まっていて、多くの方に関わって頂いた
おかげで唯一無二の空間表現ができています。生活し始めて更に見えてきたものや、そこ
から得られる新たな発想。住みはじめてからも多くの人に遊びに来てもらっていて、これ
までとは違った尺度での価値ある生活が始まっています。工事としては一区切りですが、
ストーリーとしてはこれからが本編。これからの暮らしや感じたこと、続いていくDIY
など表現していきたいと思っています。


お問い合わせ
Tel.092-720-2122
受付時間
9時〜18時
定休日
日・祝日