ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
スペースRデザイン
ここから本文です


自宅兼事務所の吉松さんの仕事スペース。

壁一面にずらりと並ぶ、同じ高さごとに揃えられたたくさんの本。

「この本棚がいいなーと思って」

吉松さんがroomAIRに出会ったのは、独立に向けて自宅兼事務所ができそうな部屋を探されていたときでした。白ベースの空間にすっと伸びた幅広の棚板は、グラフィックデザイナーの大切な仕事道具を収納するには十分な広さ。

当時勤めていたデザイン会社からの独立を考え、「まずは小さくはじめよう」とweb検索中に、大きな本棚がついた新高砂マンション208号室「roomAIR」が目に留まったそう。それから8年間、ライフスタイルの変化を機にすこし広い部屋に引っ越されることになった吉松さんに、お話を伺ってきました。

『ずっといる場所だからこそ、使い勝手より居心地のよさ』

独立や事業立ち上げのとき、「まずは住まいと仕事場を一緒に」とデスク1つからはじめられる方も多いのではないでしょうか。兼用にすると、気持ちのスイッチのオン・オフは自分の心持ち次第。人によって向き不向きはありますが、吉松さんはご自身のワークスタイルから、メリットのほうが大きいと考えます。

「グラフィックデザインなので、パソコンとプリンターを置くスペースがあれば充分。ライフスタイルによって働き方も柔軟に変えていくことができます。仕事のやり取りで返事を待つ間など、ちょっとした隙間時間を家事にあてることもできる。」


真ん中の壁で仕切られた右側はキッチンスペースに

「会社勤めのときは帰って寝るだけの部屋になっていました。以前の部屋は1K。そのままそこを事務所として使うこともできたのですが、なんとなくここではやる気にならないなーという感じで。」

デザイナーとして独立する人は多いけれど、長く続けられている人はそう多くはないそう。行き詰まったときの踏ん張りや、「また頑張ろう」という気持ちを持続させるためには、軸はもちつつ、私生活の充実やポジティブになる仕事環境など、足元をしっかりと固めることが、吉松さん流のポイントのようです。

『使い方を導いてくれる、そんな感じのお部屋です』

room AIR」(2008年リノベーション)は、ダイニングキッチンとリビングを壁で仕切り、プライベート空間も作れるように居室の仕切りはカーテン仕様になっています。「女性がデザインする、男性のための部屋」をコンセプトに当時の女性スタッフがデザインを担当。(詳しくは『高砂女子Rプロジェクト』)「すっきりとしてるけど、暮らすことに配慮してある空間」を目指してプランが作成されました。


新高砂マンション208号室「roomAIR」(2008年完成,デザイン:吉原住宅有限会社)

本棚の向かいに仕事スペース、続いてテレビとソファの位置を決め、パソコン、プリンター、と、するするとレイアウトは決定。

「使い勝手も広さもちょうどよくて、すっと馴染む感じ。8年間の入居中、一度も模様替えをしなかったんですよ」


仕事用のPCとテレビが並び、その横はカーテンで仕切られたプライベート空間。

現在、転居先の部屋の間取りとにらめっこをしながら、一番居心地がよい部屋の割り振りを模索中とのこと。ただ、やはり「使いながら決めていきます」と吉松さんらしい、柔らかさは健在でした。

『等身大で仕事に向き合う』

吉松さんは、大学卒業後、一旦は会社員として一般企業に就職したものの、しばらくしてデザインを学ぶために専門学校に入学。グラフィックデザイナーの道を歩み始めます。

「独立については漠然と『いつかは』といった程度でした。計画的に考えていた訳でもないし、貫き通したい何かがあったわけでもなく、『今かも』という感じでした。」

仕事的な区切りや経験、心の変化、モチベーション、そして拠点が見つかったこと。いくつかの要素がピタッとあてはまり、吉松さんは独立へと踏み出します。まさに『いきおい』と『タイミング』。

判断基準は経験と直感。フットワークは軽く問題がでてきたらその都度対処。無理にしょい込まず、生活も仕事も自然体で。とてもおおらかさを感じる吉松さんは、ご自身曰く「人見知りです」とのこと。それでも、入居者交流会や会社のイベントにお誘いすると、顔を出してくださいます。引っ越し当初は清川散策に出かけ、お店での出会いから、仕事に結びついたこともあるそう。私たちも吉松さんに「リノっしょ女子部」のロゴを作っていただきました。


新高砂マンション入居者交流会(2015年12月)。この後、同じフロアの漆器プロデュース・Jcocomoさんのお部屋見学会が急きょ実施されました

退去された後日、「8年間住んでいたとは思えないほどきれいな状態でした」とスタッフから笑顔で報告がありました。部屋と仕事と暮らしと。メリハリをつけながら、すべてが緩やかにつながっています。

文、写真:梶原、スペースRデザイン

吉松眞理子さん

yoshigoto/吉松眞理子さん

「ヨシゴト」は福岡にあるデザイン事務所です。ポスター・パンフレット・ロゴデザイン・会社案内など、紙媒体を中心としたグラフィックデザイン全般のお仕事をさせていただいています。

みなさんのご感想やご意見をお聞かせください。お問合せよりどうぞ。


お問い合わせ
Tel.092-720-2122
受付時間
9時〜18時
定休日
日・祝日