ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
スペースRデザイン
ここから本文です

こんにちは。
たまには工事の目線からの現実的なお話を少々。

築古物件の部屋をリノベーションする上でお金のかかる内容ってなんでしょうか。
表にはあまり見えてこない配管設備・衛生設備の更新が大きいです。

古い物件では給水や排水に鉄管が使用されているところが多く錆びや劣化を懸念して、今は塩ビ管やさや管に一式交換する場合がほとんどです。
そこで配管を取り扱うために床を剥げば、床を作り直す工事もまた行わなければなりません。
配管設備の更新工事といってもそれだけでは完結しないのが現実です。

特に住居となれば、水周りが多いのでなおさら金額が嵩みます。
お風呂場、キッチン、トイレ、洗面台、洗濯パンなど。
けれど、建物を維持していくためには必要な項目であり削れないところですよね。

ということはさらに表装に手を加えるとなると、プラスプラス、またプラス・・・
塵も積もれば山となるです。蓋を開けるとウン百万の工事。ため息ものですね~。
もちろんお金を掛けた分、綺麗になったり贅沢な空間になるのは当然です。

さて長々と話をしましたが、この度新高砂マンションに既存の隣り合う住居2室の空きが出ました!
今の状態では募集が厳しいためリノベーション工事を行います。

これまでスペースRデザインの先人たちがさまざまなプロジェクトを行ってきましたが私もここで立ち止まってリノベーションについて色々と考えてみることにしました。
通常金額のかかる難関ポイントを、いかに面白い要素にかえてデザインできるか。
新高砂マンションで既存の部屋が空くことも久々なため、かなりワクワクしてます!

先日41歳を迎えた新高砂マンション。面白いこと、やってみます。
早速、今週から本格的に着工しますよ~!

そこで来週からはじまる「DIYリノベWeek2018」では絶賛工事中をオープン予定。
是非、どんな部屋になるかを予想しに見学に来てみてくださいね。
また工事中の経過はマガジンにて~。おたのしみに。


お問い合わせ
Tel.092-720-2122
受付時間
9時〜18時
定休日
日・祝日