ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
スペースRデザイン
ここから本文です

こんにちは、梶原です

私が管理人をしている茶山ゴコですが
正式名称は『木造戸建てワーク&シェアハウス・茶山ゴコ』といいます

「??つまり何?」
といわれることがよくあるので(ごもっともです…)今回は茶山ゴコの説明をいたします!

茶山ゴコは築50年ほどの木造戸建てをリノベーションした建物
1階は3人がシェアするスタイルの住宅、外階段から2階にあがると事務所が2部屋

1階はそれぞれ個室があり、リビングと浴室・洗面・トイレを共有
管理人(私です)が週1回訪問してもろもろチェックをおこないます
ちょっとしたやりとりは連絡ノートにてメモ

160712_gocoblog008

そして2階には現在
多肉植物の寄せ植えとガーデンプロデュースの『Stem』さんと
ハンドメイドの釣竿工房の『Full Hands』さんが入居

160712_gocoblog005

すだれの裏をちょっと拝見…

160712_gocoblog006

160712_gocoblog007

ゆとりのある使い方ができるのが戸建て住宅の魅力
まわりもゴコと同じような戸建て住宅地なので日当たりもよいです

実は、福岡市は賃貸マンションに住んでいる人の割合がとても高いまちなのだそう
(参考ページ:HOME’s住まいのお役立ち情報
若い世代になればなるほど、戸建て住宅に住む経験をしたことがある人は
少なくなるのではないかと思います
ただ、マンションに住むのと接地している戸建て住宅に住むのとでは
感じる音や光、風、庭など、暮らしを彩る要素が全く違うはず

賃貸だからこそ、いろんな住まいの形を経験できるのでは?
それも、戸建て住宅をワーク&シェアハウスとしてリノベーションした理由の1つです

さて、これで茶山ゴコの説明になっているのかいささか疑問ですが
今日はこれまでにしておきます
やっぱりわからない&さらに気になった方は、ご連絡くださいね^^

梶原


お問い合わせ
Tel.092-720-2122
受付時間
9時〜18時
定休日
日・祝日