ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
スペースRデザイン
ここから本文です

清川ぶらりーずは毎月第2水曜夜に1つメインのお店にご飯&飲みに行って2軒目は軽くという夜ぶらスタイルで先月からリニューアルしました。

makoichi001

10月は五島食堂MAKOICHIへ行くので、どんなお店なのかご紹介します。

日本の魚食文化は素晴らしい

makoichi005

夫婦で営まれているこちらのお店は2人が結婚したタイミングで始められました。2人とも飲食業界で元々働かれていて、ご主人が五島出身で何か地元に恩返しをしたいということもあり、五島食堂MAKOICHIとして2013年にオープンしました。

福岡はもちろんですが長崎、さらに五島も魚がとても美味しいところ。
魚離れが進んでいるとよく耳にしますが、日本の食生活に根付き日本人のDNAの一部といっても過言ではない魚食文化の大切さ、そして魚の美味しさや素晴らしさを伝えたいという想いでお店を営まれています。

魚の美味しさが当たり前の舌が肥えた福岡のお客様に美味しいと言ってもらえることがとても嬉しいと語る表情がいきいきとされていたのが印象的でした。

五島のこだわりの食を味わう

makoichi002

makoichi003

makoichi004

まず、魚は天然ものにこだわり、五島直送の鮮魚や魚市場へ店主自ら足を運び一つ一つ目利きしてその日一番の食材を出しています。

そして野菜は五島の無農薬野菜のものを中心に使っており、お客様の健康にも気を遣っていて、ここに来れば五島の旬が味わえます。

他にも、油は国産なたね油を、米は五島産無農薬ミルキークイーン米を使用しており、五島への地元愛と食材へのこだわりがあふれています。あと五島うどんの生麺を扱ってるお店はほとんどないそうなので要チェックですね。

MAKOICHIと清川のまちのこれから

makoichi006

1年前に改装して客層も幅が広がり、これからも食材へのこだわりは変わらず、魚の美味しさを広めていきたい、そして素材本来の味をしっかり味わってほしいとのこと。

また清川のまちとしては特色や個性的な部分を打ち出せてないので、まちをあげてのイベントなどもっと積極的に情報発信ができればということで、清川ぶらりーずに期待を寄せていただきました。頑張ります(笑)

もうすっかり魚が食べたくなったと思いますので10月12日(水)19時~清川ぶらりーずの夜ぶら(ご飯とお酒を楽しむ会)は五島食堂MAKOICHIで楽しみましょう!
詳細は『【清川夜ぶら】五島の食材を堪能。清川の夜にほっこり海鮮ディナーはいかが?』をご覧ください。

*information*
五島食堂MAKOICHI

  • 住所:福岡市中央区清川1-2-23
  • 営業:17:30~25:00(月曜定休)
  • 電話:092-531-3707

お問い合わせ
Tel.092-720-2122
受付時間
9時〜18時
定休日
日・祝日