ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
スペースRデザイン
ここから本文です

久留米の団地「コーポ江戸屋敷」の一角では、ランドスケープやコミュニティデザインについて学ぶ
カレッジが2年を通して行われました。
数ヶ月に1度のペースで、チームネットの甲斐さんを講師に久留米に限らず九州や大阪からカレッジを学びに足を運びこの団地の一室に集まります。
皆さんまるで学校に通うように学び、参加する皆さんと共感する濃い時間を過ごしたのを思い起こします。
そしてこのカレッジでつながった縁から、先日大阪UR「香里団地」の視察ツアーが実現し福岡から出張編として伺ってきました!

大阪枚方市にある巨大な香里団地の「D51(通称:デゴイチ)」と呼ばれる棟で起こったできごと。
久留米のカレッジで一緒にコミュニティデザインについて学んだURの片岡さんは
この棟にエレベーターが増設されることをきっかけに、住人の暮らしの快適さを再構築し、エレベーター増設と並行して外に開いたガーデンを住人さんと一緒につくりました。


二人三脚で住人さんと同じ目線でここまで歩んできた片岡さんの思いにより、そのガーデンはいまも住人さんによって丁寧に手を加えられ綺麗に保たれています。
また、外に開いたガーデンはバス停とつながったことでまちに開いた団地となっていました。


今回遠方からきた私たちにも、住人さんはガーデンや菜園スペース、心地のいいベンチなどを嬉しそうに案内してくださります。
集合住宅は個々の暮らしが分断されがちですが、ここでは敷地の全てが住人さんにとって自分たちの暮らしの場になっていました。

2日目に開かれたD51の住人さん主体の歓迎会では、フラダンスを踊り、カレーやバーベキューを振舞ってくださいました。
まったく違う土地に暮らす3つの団地の住人交流会は、どの場所でも行われたことはないでしょう。
他から来る団地の住人さんを快く向かいいれ、バスから降りるなり住人さん同士がハイタッチをする姿は、とても印象的でした。


敷地裏の花壇に皆で並んで植えたひまわり。その素敵な瞬間から花が咲くのが楽しみです♪

住人の皆さんが主体となってまちの人をもてなし、交流するこの光景はこれからの団地のあるべき姿だと感じました。団地という共通点の中、たくさんのヒントがここにあったような気がします。

追記.ここでもチームネット甲斐さんの講義から学んだあの光景を目撃!
大きな木でできた木影に集まってご飯を食べる光景はまさに「人は環境にしたがう=アフォーダンス」がそこにはありましたとさ。


お問い合わせ
Tel.092-720-2122
受付時間
9時〜18時
定休日
日・祝日